LINE@はじめました

メールマガジン登録

販社様向けメールマガジン

ホール様向けメールマガジン

過去のメールマガジン一覧

トップページ > 社長ブログ

背景

中古設備の有効活用①

こんばんわ!久しぶりに更新します。(まだ二回目ですが・・・)

先週の金曜日(5月31日)に関西遊商の総会に出席したのですが、パチンコ業界の概況報告で以下のような報告がありました。
「レジャー白書(2012年版)によりますと、店舗数は16年連続で減少し、平成23年度の遊技業界の市場規模は8年連続で前年実績を下回り、18兆8960億円となりました。遊技人口も1260万人と前年から410万人、25%弱の大幅な落ち込みをみせ、特に若者のパチンコ離れが顕著になる一方ヘビーユーザーへの依存度が高まっています。」
震災の影響があるとはいえ、パチンコ業界にとっては危機感をもって受け止めるべき事態であると思います。
それにしても、18兆8960億円のうち、マルハンさん、ダイナムさんの売り上げって結構な%を占めていますよね。店舗数は両社合わせても全体の10%も無いのに売り上げは・・・

前置きが長くなりましたが、今回は中古設備の有効活用について私なりに思っていることの一部を書いてみようと思います。

㈱ピースランドが中古設備販売、買取をはじめて12年がたちました。
12年前はまだ中古設備もメジャーではなかったのですが、最近では取扱い業者様も増え、また、昨今の経済状況によりまして、中古設備に対するホール様の認識も随分変わってきたように思います。

しかし、中古設備が出回りまして、安く改装ができるようになりましたが、そこにどこまで「ホールに来店されるお客様」、「競合店舗」のことが考えられているのか疑問に思うことが多々あります。
最近、リニューアルをすることが目的で、それによってお客様に今まで以上に来店していただく、競合店舗に勝つんだ、という視点に欠けた中古設備のお話が多数見受けられます。
いくら設備を安く買っても、それは投資なわけですから、回収できないと意味がありません。
その辺のバランスを考えないと、いくら安く改装ができても意味が無いように思うのですが・・・
たまに、そんな設備買うのなら、機械台を買ったほうが良くないですか?と思うこともよくあります。(設備業者が言ってはいけないことでしょうが・・・)
中古設備はいろいろなバランスの中で、いろいろなことを考え、活用してはじめて有効に活用できると思います。
安物買いの銭失いにならないように注意しないといけません。
本来は我々業者がいろいろな提案ができるように準備することが大切だと思いますし、それが我々設備業者の存在価値だと思います。
常にホール様の繁栄を目的に考え、時には自社の売り上げが下がろうとも、やめたほうがいいのではないですかといえる会社でありたいと思います。
是非、設備の件でお悩みの際は、㈱ピースランドにお問い合わせください。
ホール様のお悩みを一緒に真剣に考えます!(広告みたいになってしまいました・・・)
最後までありがとうございました。

 

投稿日:2013/06/03

Copyright (c) 2013 PS-land Co.,Ltd. All Rights Reserved.